FC2ブログ
๑۩۞۩๑興 味 か ら 出 た 作 品~♬ ♪♬~♥
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
片霧烈火「幻想廢人 或いは K氏手記内容」更新中
2007-04-16 Mon 12:27
=v=何がの訳で、私も片霧さんが好きになった、多分、あんたのお陰で。。愛は屋烏に及ぶってことかも=v=|||「幻想廢人」がとっても面白いね~多元化の表現手法、内容も気に入った。だから、皆が集まって作ろう~一番素敵な作品だと信じてる!

1.Prologue
キャスト
アリス:why
某K氏:魔炎月
セリフ
アリス:我的思绪从乏味的学习中抽离,游走在不思议之国,突然在我眼前出现了只色的兔子先生.
某K氏:多亏在医院附近,我遇见了她.
アリス:不思议之国的兔子先生应该是白的吧...
某K氏:她只注视着我,站在那里.
アリス:嘛~偶尔是色的也不错呢,哎?
某K氏:她仅仅是站在眼前,我也要一边拼命克制住爱意
アリス:兔子先生朝这边走来了
某K氏:一边靠近她
アリス:厄,不行呢,这样的话,好不容易的话题就进行不下去了.
某K氏:她微笑着,忽然转身跑开.
アリス:来吧,就象平时那样,从我身边跑过.
某K氏:又蹦又跳,对了,更像是妖精的举动.
アリス:因为时间不够,像疯了似的不断奔跑.
某K氏:象是遨游在风中的神氏,好似能碰触到却又抓不住,我忍受不了这种焦急.
アリス:带领我去深不见底的兔之穴,带领我去不思议之国.
某K氏:立刻追上她.
アリス:下个瞬间,周围被暗笼罩
某K氏:追上后疯狂的将她硬拉入怀,抱紧.
アリス:我掉入了兔之穴.暗,陷入地狱.
某K氏:不再放手
アリス:似乎听到了谁的声音.
2.Camera1_entrance
キャスト
某K氏:魔炎月
セリフ
来,进来吧,啊,有台阶的,小心点。这里是我父母留下的,很漂亮吧。恩?啊~那是唱机的声音,在我父亲出生的时候,整个房子里几乎都放有唱机。虽然双亲在很早以前就已经去世了。这个曲子是帕尔贝尔的卡农。非常有名的,可能你不太清楚吧。接下来,那里是餐厅。你的房间在二楼,上来吧。这个建筑比较老了,走的时候当心点。来,就是眼前这个房间,虽然没有唱机,之后给你拿个录音机过来,呵呵,不要客气进来吧。啊,我不走不行了。
17.Epilogue
キャスト
loli 1:why
loli 2:水瓶精灵
青年:魔炎月
セリフ
loli 1+loli 2:二つのひつぎを黒い川が運ぶ
loli 2:暖かな
loli 1:あ.....为什么一定要那样啊.......
loli 2:我也不知道......
loli 1:真麻烦
loli 2:恩.........
loli 1:唱到哪里了...那啥.....
loli 1+loli 2:忘记了~
loli 1:那么,我们从头开始吧~
loli 2:恩!
loli 1:那么~
loli 1+loli 2:开~始~
loli 1+loli 2:暖かな風を吹く、青空の下
   二つのひつぎを黒い川がは.......
青年:闭嘴
loli 1+loli 2:是~......哈哈哈哈哈哈哈.....
スポンサーサイト

別窓 | ドラマ♡ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Mooからのアンケート | ☜why☞ﻬஐ | 07年の歌(合唱)更新中>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ☜why☞ﻬஐ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。